医療法人徳洲会大垣徳洲会病院 看護部

看護部メッセージ Message

看護部メッセージ

看護部長のメッセージ

大垣徳洲会病院は、一般急性期病棟に加え、回復期リハ病棟、療養病棟をもつ病院です。「命だけは平等だ」の徳洲会の理念の下「こころに届く看護の実践」を看護部の理念として急性期から慢性期、さらに在宅へとこの地域の方々が必要とされる切れ目のない医療、看護の提供を目指しています。

看護部では「笑顔、やさしさ、おもいやり」をモットーとして、チームワークを大切にして日々の看護を行っています。そのため一人一人が自分にできる最善を実践できるよう、知識、技術はもとよりコミュニケーションスキルや倫理的感性をもつ看護職の育成を目指した教育を行っています。また専門性を目指す者への支援も行っています。

看護師になりたい、と考え始めた時期や動機、さらに看護師になるまでの道のりは、それぞれ違っていると思います。また看護師となってやりたいと思うことも様々だと思います。いろいろな可能性があります。ぜひ私たちと一緒にこの大垣徳洲会病院でスタートしませんか。

理念・基本方針・モットー

看護部の理念

「こころに届く看護の実践」

モットー

「笑顔 優しさ 思いやり」

看護部の基本方針

  1. チーム医療を推進し、患者さんの生活を見据えた看護の提供に努めます。
  2. 患者さんが地域で自分らしく生活できるよう、地域連携を推進します。
  3. 専門職業人として倫理的感性を磨き、知識と技術の向上に努めます。
  4. 教育支援を推進し、スタッフのキャリアアップを図ります。
  5. 病院経営に貢献できる活動を実践します。
  6. 働きやすい職場環境を築きます。

看護部の目標

2022年度 看護部目標

  1. 地域との連携を強化し、地域住民から信頼される病院となる。
  2. 看護の専門性の向上を図り、質の良い安全な看護が提供できる。
  3. 健康で安全な職場環境をつくり、職員の満足度を高める。