永谷 魅香

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の永谷魅香と申します。

私は、脳神経外科、整形外科病棟で脳卒中患者さんの看護を行ううちに、もっと脳卒中のことを知り、より良い看護を行いたいと思うようになりました。当時の上司や、看護部長にも背中を押してもらい、認定看護師を目指すことを決意しました。病棟の仲間や、家族、病院の支えがあり、認定看護師の資格を取得することができました。

現在は、回復期リハビリテーション病棟で働いています。脳卒中の急性期で治療を経て、自宅に帰るためのリハビリを行う患者さんの看護を行っています。「脳卒中の患者さん」ではなく、「一人の人」として全人的に患者さんと関わることを心がけています。麻痺や言語障害、高次脳機能障害等、後遺症は人それぞれ違いますが、不安なく自宅に帰れるように、多職種と協働して退院支援を行っています。

脳卒中は、発症予防や再発予防が大切です。市民の方を対象に、3ヶ月に1回程度で医療講演を行い、発症、再発予防の重要性を伝えています。

私は、患者さんの「麻痺や残された機能と共に生きる」ためにリハビリに取り組む姿からたくさんのことを学び、少しでも不安なく退院できるための支援を行っています。患者さんが笑顔で退院する姿を見てうれしく思うと同時にやりがいを感じています。

桃瀬 尚子

皮膚・排泄ケア認定看護師

皮膚・排泄ケアには、褥瘡や創傷へのケア、ストーマケア、失禁ケアの3分野があります。皮膚・排泄ケア認定看護師は、それらの分野のケアを主に行います。

私が、皮膚・排泄ケア認定看護師(WOC)になろうと思ったきっかけは、褥瘡です。看護師になりたての頃は、医師に言われた通りの処置をして終了・・。何も考えていなかったように思います。少しずつ勉強して、看護師のケアにより、褥瘡が改善することや悪化することを知りました。褥瘡を治癒させるには何をすれば良いのかと考えるようになり、学校に通いました。

WOC分野の活動の根底には、患者がより快適な生活ができるよう、生活の質の維持や向上を目指すということがあります。皮膚・排泄ケア認定看護師資格を取得した今、WOCの3分野において、患者やその家族が笑顔となるように、生活の質の向上を目指して活動したいと考えています。また、3分野に関連して発生する皮膚障害に対して、患者の苦痛を取り除き、ケアで困る看護師の支援ができるよう日々勉強を重ね、活動したいと思います。

羽佐田 親環

クリティカルケア認定看護師

救急看護・集中ケアを統合し、特定行為を組み込んだ新たな認定看護師分野である「クリティカルケア認定看護師」を取得し、現在はハイケアユニットで看護実践をしています。

クリティカルな状態にある患者さんは、年齢や性別を問わず、あらゆる人々が対象となります。急性疾患や慢性疾患の急性増悪、侵襲の大きい手術を受けた患者さんなど多岐にわたり、生命を維持するための治療・看護を必要としています。

クリティカルケア看護とは、このような状態にある患者さんに対して行う看護ケアを指します。病態変化を予測し、重症化回避・合併症予防、さらに回復のための早期リハビリテーションを実践しています。

また医師と協働し、特定行為を活かした看護実践を行い、患者さんにタイムリーな対応ができるよう活動しております。病態が不安定で身体的、精神的に苦しい状況におかれている患者さんやそのご家族に寄り添い、安心・安全なケアを提供するとともに、1日でも早く患者さんらしい生活が送れるよう、医療チームの一員としてサポートさせていただきます。看護部のモットーである「笑顔・優しさ・思いやり」を大切にし、救急から在宅まで「繋ぐ看護」の提供ができるよう尽力したいと思います。